お知らせNEWS & INFORMATION

NEWS & INFORMATION

日本口腔インプラント学会の「専門医」を取得

更新日:2019.5.16 |

日本口腔インプラント学会の「専門医」を取得しました。

 

専門医とは、「スーパードクター」や「神の手を持つ医師」などを意味するものではありません。現在では、「それぞれの診療領域において適切な教育を受け、十分な診療技能(専門的知識・診療経験と患者様本位の診療態度)を修得し、患者様から信頼される標準的な専門医療を提供できる医師」とされています。(日本口腔外科学会ホームページより)

 

当院では、より一層、安全を心がけて、インプラント治療にあたることになります。

インプラント治療を行うことが難しい患者さんは、お互いに無理をせず、義歯やブリッジなど、別な方法を提案することも、これまで以上に考えなければなりません。場合によっては、大学病院等高次医療機関へ紹介することもあるでしょう。

 

今後も、私自身、日本口腔インプラント学会の専門医規則に従い、かつ継続した知識・技術向上のための研修を継続しなければなりません。気持ちを新たに、学び続けます。

「スケーリング・ルートプレーニング」は歯周病治療の中心です。

更新日:2019.5.16 |

 大学で「歯周病」についてご指導されている先生をお招きし、当院の歯科衛生士に「スケーリング・ルートプレーニング」という院内実習を行いました。

 

  「スケーリング・ルートプレーニング」は、歯周病治療の中心で、歯ブラシが入らない歯周ポケット(歯周病の原因細菌によってできた歯とハグキの間の深いすきま)の中の、歯石、細菌やバイオフィルムを除去する治療です。この治療が、歯周病治療の結果を大きく左右します。

 

 院内実習は、患者さん役(私を含めて親類等)に対し、担当歯科衛生士と指導医が交互に確認を行い、適切な「スケーリング・ルートプレーニング」についての確認を繰り返しました。研修後は、すべての歯科衛生士に達成感がみられました。今後もより良い歯周病治療を提供する努力を継続したいと考えています。

 

 歯科衛生士は、立派な国家資格で、単なる診療補助のお手伝いではありません。医療先進国では極めて尊敬される職業で、担当歯科衛生士をみつけることが常識ともいわれています。

 

 スケーリング・ルートプレーニングとは何ですか。私に必要ですか?どれぐらいの間隔で行えばよいですか?当院の歯科衛生士に聞いてみて下さい。

 

 ご指導頂きました先生に感謝申し上げます。皆さんお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年GW期間中の診療日のご案内

更新日:2019.4.12 | 最新情報

GW(ゴールデンウィーク)期間中は以下の診療日となります。

4月28日(日)・29日(月):休診
4月30日(火)~5月2日(木):09:00~17:00の間、診療
5月3日(金)〜5月6日(月):休診

また、5月8日(水)を診療日(09:00~17:00)に変更致しますので、ご利用下さい。

超音波検査について

更新日:2019.4.12 |

当院では、舌にできた口内炎やできもの、顎の腫れやしこり、口唇にできたできもの・唾液腺疾患(口腔乾燥症・ドライマウスなど)について、診断が遅れないよう、連携高次医療機関へ紹介依頼をしています。

 

その他、当院では、スクリーニング検査として「超音波検査」を、毎週土曜日に北大から派遣されている専門歯科医師が超音波診断を行っています

仮に、高次医療機関で、悪い病気ではないと診断された後も経過観察を行いますが、当院での超音波検査で経過を診ることも可能です。

 

   私自身、舌の右側にしこりを感じており、造影MRI検査を一度行った後、定期的に超音波検査を行っています(下写真は私自身です)。

                                                

  

                                                

  ドップラーモード:若干低エコー像だが、周囲組織への移行がなく、血流も認められない。

 

 

 

超音波検査について、事前に以下の説明書きを読んでいただいています。

 

 

超音波検査のご説明-患者様用

風の杜歯科

 

1.超音波検査(エコー検査)とはどんな検査ですか?

1)超音波検査は、エックス線を使わず、数MHz~十数MHzの超音波(音の一種)を使って体の中の病気を調べる検査です。

2)顔や首などの皮膚の表面に近い軟組織を調べることができます。ただし、体の深いところや骨の中には検査できません。

3)音を使った検査なので、放射線被曝がなく、とても安全な検査です。安全なので胎児の発育具合を定期的に検査するのにも使われています。

 

2.超音波検査の目的はなんですか?

1)軟組織になにか病気があるかどうかのスクリーニング検査から、より詳しい検査まで対応できます。

2)軟組織のなかの血の巡り(血流)の状態も診査できます。

 

3.超音波検査の問題点はありますか?

1)『骨や空気を超音波が透過できない』ということです。超音波が透過できない骨や気体の後側は検査ができません。

2)体の深い部分も超音波が到達しないので検査できません。

3)腫瘍が悪性または良性かについては、さらなる他の検査が必要です。

 

4.超音波検査が役に立つ病気はなんですか?

1)唾液腺(唾を作る臓器)の腫れや腫瘤、唾石症(唾液腺内にできる結石)

2)首にあるリンパ節の状態(炎症やがんで腫れたリンパ節の診査)

3)顔やあごの表面の皮膚面にできた腫れや腫瘤

4)口の中では、前の方にある病気であれば、舌や頬、唇の腫瘤や腫れを検査できます。

 

5.どのように検査が行われますか?

1)顔や首の皮膚に超音波を出す端子を当て、検査します。ベッドに寝るか椅子に座っていただき、皮膚にゼリーをぬって検査します。

 Q2)検査で痛みはありません。ただ腫れて痛いところの検査では超音波を出す端子を当てる圧迫感で少し痛みを感じるかもしれません。痛い場合は遠慮せずに申し出てください。

 

6.当日の服装で気を付けることはなんですか?

1)ジエリーを皮膚に塗りますので、顔や首の輪郭に髪の毛がかからないようにしてください。

2)また、なるべく襟のない服装でいらしてください。

3)ジエリーは水で洗えば落ちますので、万一服にジエリーがついても普通の洗濯で洗い流せます。

 

7.検査時間はどのくらいですか?

1)10-20程度です。(部位や状態により異なります)。

 

8.検査時間の前と後で注意することはありますか?

1)特にありません。食事も生活も検査時間の前も後も普通通りでいいです。

 

 

 

口腔ガンへの関心の高まりについて

更新日:2019.3.19 |

 昨今、口内炎を診て欲しい、口腔ガンがないか診て欲しいという訴えが増えております。当院の方針を示します。

 

1 口内炎について

  1~2週間軟膏を使用し、変化がなければ当院の連携先である高次

 専門医療機関(頭頚部腫瘍科)へ紹介します。

 

2 口腔ガンについて

  口腔がん検査のトレーニングを受けた経験により、開院当初から初

 診時や定期処置時には、口腔内に悪いものがないか、決められた手

 順で確認を行っています。

 

 

当院における、口腔ガン検査の手順を院内に掲示しております。

留学中に口腔内科の授業で習った手順です。

 

参考文献:

Oral  Medicine A Pocket Guide

Lewis R. Eversole

ページの先頭に戻る