お知らせNEWS & INFORMATION

NEWS & INFORMATION

歯科医師にとって大きな変化を迎えました。

更新日:2011.6.17 | 風の杜歯科だより

歯科医師にとって、痛み止めは、傷や炎症に対して効く薬(いわゆる消炎鎮痛剤)が全てといってよい状態でした。この度、中枢(脳)に働きかけて痛みを止める薬が使えるようになりました。

末梢神経障害性疼痛に対してはプレガバリン(リリカ)が、抜歯後の痛みに対してはトラムセットが適応となりました。
先日、日本口腔顔面痛学会主催による、神経障害性疼痛の基礎から、治療の実際に関する知識を整理するセミナーへ参加しました。

原因不明の歯やあごの痛みや、抜歯後のしびれや不快感に対して、治療のオプションが増えたこととなります。

しかしながら、我々歯科医師 は、神経障害性疼痛の治療に関して勉強しなければおかしなことになります。

勉強会を主催した、日本口腔顔面痛学会の慶應義塾大学病院 和嶋浩一先生に感謝申し上げます。

求む!連携先。

更新日:2011.5.19 | 風の杜歯科だより

口や顎の神経障害性疼痛や神経因性疼痛の患者さんに対して、脳神経外科や内科の先生に対診を求めますと、異常なし、もしくは関連痛といったところ で、その後の治療の目途が立たないことがあります。このような患者さんは、自律神経の異常やいわゆる心身症も併発していることも少なくありません。星状神 経節ブロックによる鑑別診断、または心療内科での精査が必要となりますが、必ずしも状況を把握してもらえるわけではありません。私自身の力不足を痛感して おります。

口や顎の神経障害性疼痛や神経因性疼痛に対応、連携し、口腔顔面痛の考え方を理解してくれるペインクリニックと神経内科の先生がいらっしゃいましたら助かります。

連絡お待ち申し上げます。頭を下げに参ります。

連絡先:風の杜歯科・飯沼 英人
電話(FAX兼用):011-281-1182

ヒポクラテスの木

更新日:2011.4.11 | 風の杜歯科だより

当院の窓から見える木は、プラタナスの木です。「ヒポクラテスの木」とも呼ばれています。プラタナスの木は、医聖ヒポクラテスがその木陰で若い医人 に医の道を説いたと言い伝えられている木です。「ヒポクラテスの木」ともいわれ、医の道を伝えるものとしてヨーロッパで最も神聖な木といわれているそうで す。
ヒポクラテスの誓い
この医術を教えてくれた師を実の親のように敬い、自らの財産を分け与えて、必要ある時には助ける。
師の子孫を自身の兄弟のように見て、彼らが学ばんとすれば報酬なしにこの術を教える。
著作や講義その他あらゆる方法で、医術の知識を師や自らの息子、また、医の規則に則って誓約で結ばれている弟子達に分かち与え、それ以外の誰にも与えない。
自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。
依頼されても人を殺す薬を与えない。
同様に婦人を流産させる道具を与えない。
生涯を純粋と神聖を貫き、医術を行う。
膀胱結石に截石術を施行はせず、それを生業とする者に委せる。
どんな家を訪れる時もそこの自由人と奴隷の相違を問わず、不正を犯すことなく、医術を行う。
医に関するか否かに関わらず、他人の生活についての秘密を遵守する。
当院前の街路樹に、なぜプラタナスの木が植えられているのかはわかりません。
患者さんと医療従事者の関係は複雑になり、医療崩壊は実は歯科でも起こっていると感じています。ヒポクラテス先生。窓からプラタナスの木を見ると、気持ちが落ち着きます。

ホームページをリニューアルしました。

更新日:2011.4. 7 | 最新情報

ホームページを一部リニューアルいたしました。
より使いやすいページを目指していきますので、これからもお立ち寄りをお願いいたします。

三井記念病院 歯科口腔外科部長 津山泰彦先生によるインプラント手術日のお知らせ

更新日:2011.3.29 | 風の杜歯科だより

インプラント手術予定日をお知らせいたします。

4月23日(土)

5月21日(土)

6月18日(土)

7月30日(土)

変更になる場合もございます。
ご希望の場合は、風の杜歯科までご連絡ください。

TEL 011-281-1182
札幌市中央区北1条西7丁目3 おおわだビル2階

ページの先頭に戻る